小花たちの独立。

急きょ作った花たちの中で、

使われたものは半分くらいだけでした。
それで、残りのクレマチスと小花たちを

まず形にしてあげたいと思い、

クレマチス→特大ヘアクリップ、

花芯(ペップ)をパールピンクにして愛らしく。

小花たち →数輪まとめてコームに。

たくさんの絹刺しゅう糸で土台のコームに

くるくるくると巻きつけています。

やわらかなピンクで、お嬢さん風でしょうか。

愛らしいとかやわらかいとか、

そんなイメージの色が好きです。
なので、教室に行くとまわりのみなさんの色使いが勉強になります。
と、いうことで……
お気づきでしょうか。
クチナシ染めは「ひまわり」の前にダリアになりました(^-^;)


超特急、とんがりもの

昨日、ウェディングブーケを作る打ち合わせで

友達と会ってきました。

神保町でおいしいカレーを食べて、満腹。
お店をかえて打ち合わせ。
イメージを聞いて、使うコサージュや

ベールの写真を見せてもらって、
サイズや形とかを考えました。
その打ち合わせで友達に見てもらって

つまみ細工のイメージをふくらませてもらうために
日曜日から月曜の朝までせっせと作業して、

ひとつかんざしを作りました。
慌てて組んだのでへろへろですけれど、

とんがりものたちがかわいい。

実際はこのかんざしを使うわけじゃなくて、
これはボリュームと花の感じをみるためのものです。
予定は花嫁さんのブーケと花婿さんのブートニア。
セットで作ります。サイズはミニブーケくらいで、

しずく型の予定です。

打ち合わせの内容をもとにイメージをふくらませています。
〆切は9月下旬。どうしようかなー。がんばります。


くちなしの。

この前着物をといていて、着物の裏地として

もう1着分ある薄い絹が
けっこうたくさんあるなぁ…と、気づきました。

これ、3着分がたしか裏地あるタイプだったなぁ。
それに、買った着物たちの中には

「今、私がどうしても使いたい色」がないっ!!
ということで、1月にならった草木染めを思い出して
色褪せ覚悟でクチナシ染めにしてみたい!と決意しました。

くちなし…年末じゃないとあまり置いてないらしいんです。
うちの近くのお店では。いくつか回って、やっとゲット。
わー、温度計がないーー、とか、腱鞘炎の左手首がいたいーーとか
ひとりさわいでオロオロしたりしながらも
どうにかこうにか染めにチャレンジしました。
クチナシの実をまるごと煮出す、少し薄い黄色の1番染料液と
そのあとに実をつぶして煮出す、朱に近いような茜の2番染料液、
そして一部は定着のためにみょうばん焙煎液を使います。

まず、古布なので絹を熱めのぬるま湯(中性洗剤入り)で

つけおきゆすり洗い(なんじゃそりゃ)。
10分くらいしたらお湯を替えながら3回あらって、

手のひらサイズくらいにたたんで両手ではさみ、軽く水をしぼる。
それを、1番染料液なべにゆらゆら泳がせられる分だけ投入!
2番染料液なべにも投入!
2つのお鍋は、けっこう色がちがいます。

20分、ゆらゆら泳がせたり前にたぐりよせたり

奥にゆらゆら寄せたりして染料液の海を泳がせます。
そのあとまたそれぞれをたたんで軽く水をしぼって、別のボウルに移します。
水を替えながら、4回しっかり染料液を洗い流すように

じゃぶじゃぶゆすり洗いします。

みょうばん焙煎は、染料液に10分、70℃まで熱くしながらまた10分
ひたしてからたたんで水をしぼり
みょうばん焙煎液にまたひたします。

ゆさゆさたぐりよせ、たぐりよせ。
そして、定着液が染料液に入ってしまわないように、

水で2回洗います。
それからまた染料液に入れて10分。
最後はまた水を4回替えながら洗います。

そしてたたんで水をしぼった布を、バスタオルではさんで
くるくると丸めて上からぎゅぎゅーっとおして水気を切ります。
それで陰干しすると出来上がり。
クチナシは天日干しすると色があせるというので部屋干しです。
なんだか、やっぱり色がやわらかくてやさしいです。
母は薄い黄色がポケットチーフとかストールとかにいいわ、とお気に入りです。

私はこれで、ひまわりを作りたい!
きっと試行錯誤しますが、がんばってみます!!


着物をといて洗う。

だいぶ前に、近くのリサイクル着物屋さんに行って
あれこれガサガサ探して買っていた着物とはぎれたち。

使うためには洗い張りしなくては!なのですが
本格的な洗い張りなんて、したことない…(汗)

先生とかに聞いたり調べたりしてみたのですが
自分のできる範囲で、と思うと、
「手洗いでやさしく揺するようにして、

バスタオルで脱水して陰干し」
というのが良さそう。
そこで昨日せっせと片袖だけ糸を解いておいた古布たちを

今日は洗面所に扇風機をもちこんで、

やさしーくやさしーく洗いました。
そして干す。干す?どうやって干すんだ??
うーん……、まっすぐに干さないといけないし、
そんなに広げられる場所もないし、むぐぐ…。
そうか、あれだ!
というわけで、スーツとかのパンツをつるす

省スペースハンガーみたいなのと
タオルとかを干す用の干し器(?)を出してきて、
跡がつかないようにドキドキしながらかけてみました。

ぴちょん…ぴちょん…
はっ!!水が垂れてる。脱水のタオルドライが甘かったのね。
そうね、確かに、途中から暑さに負けて

ちょっと早めに終えちゃったっけ。
でも洗濯機で脱水はこわくてできないし、
むぅ、仕方ない。ここは!

と、下にバスタオルを敷いてきました(^◇^)

扇風機にそよそよと乾かしてもらっています。
乾いたら、今度は…糊づけ?えぇぇ、ど、どうするんだろう。
また調べなくちゃ!!