道具の進化

つまみ細工のこと。

色々な道具を使って材料を用意していますが、

かさが増えるのは困りものでした。

文具店で新兵器発見💡❗

 

コンパスがなんとペン型に収納される!!(゜ロ゜;

道具入れとかペンケースでも邪魔にならず、

省スペースに持ち歩ける!

あと、2本の分岐した支点?がしっかりしていて

円を書くときにぐにゃっ!と広がらない!

おお~便利だーー!\(^o^)/

 

特殊な台を作るときに、これとか

方程式とか使っています。

文系のはずだけど、役に立つ中学・高校までの数学。

勉強しといて損はないですね~。

否!むしろ、将来どんな可能性があるか分からないからこそ

基礎学力つけておいた方が楽しめます!

 

まさかこんな、数学なんて仕事に使うと思わなかったもんなー。。。

(思い出せなくてよくググってます。色んな道具の進化ありがたや)

 

若者よ大志を抱け!(中年も皆!)

勉強は自分のためにするものだ!

(って後から分かるもんだよ!)

 

 


空をわたる

今日は家族でお墓参りに行きました。

心配されたお天気も、とっても気持よく晴れて汗だくでした。
すぐそばでウグイスが鳴いていて、

谷渡りも何度も聴かせてくれました。
私もと思って口笛で「ほーほけきょ」

ぴぃ~ぴぴょぴっと吹くと
答えてくれます。

ほー、ほほ、ほけきょ。けきょけきょけきょけきょ………
そんなとき、ふと見上げると空の高くに雲があり、
その手前に一筋の飛行機雲。

何か、すっとするような、そんな眺めでした。
そしてこの2日は着物生地を洗って陰干ししてました。
織りの着物がいくつかあって、

これはかたいからつまみ細工にはどうなんだろう?
と思いつつ、試してみてから考えようと。
つまみ細工にできなくても柄を生かして何か作りたいなと思います。
それと胴裏のあたりの白っぽい絹を染めました。
今回は化学染料でした。青と緑がほしくて、

やわらかい色に染まってほくほくです。
これから、次のものにとりかかります。
かんざしを組む練習にもなるので、

作る予定のものと、その色違いとか
花の種類ちがいとか、色々ためしてみたいなぁ。


くちなしの。

この前着物をといていて、着物の裏地として

もう1着分ある薄い絹が
けっこうたくさんあるなぁ…と、気づきました。

これ、3着分がたしか裏地あるタイプだったなぁ。
それに、買った着物たちの中には

「今、私がどうしても使いたい色」がないっ!!
ということで、1月にならった草木染めを思い出して
色褪せ覚悟でクチナシ染めにしてみたい!と決意しました。

くちなし…年末じゃないとあまり置いてないらしいんです。
うちの近くのお店では。いくつか回って、やっとゲット。
わー、温度計がないーー、とか、腱鞘炎の左手首がいたいーーとか
ひとりさわいでオロオロしたりしながらも
どうにかこうにか染めにチャレンジしました。
クチナシの実をまるごと煮出す、少し薄い黄色の1番染料液と
そのあとに実をつぶして煮出す、朱に近いような茜の2番染料液、
そして一部は定着のためにみょうばん焙煎液を使います。

まず、古布なので絹を熱めのぬるま湯(中性洗剤入り)で

つけおきゆすり洗い(なんじゃそりゃ)。
10分くらいしたらお湯を替えながら3回あらって、

手のひらサイズくらいにたたんで両手ではさみ、軽く水をしぼる。
それを、1番染料液なべにゆらゆら泳がせられる分だけ投入!
2番染料液なべにも投入!
2つのお鍋は、けっこう色がちがいます。

20分、ゆらゆら泳がせたり前にたぐりよせたり

奥にゆらゆら寄せたりして染料液の海を泳がせます。
そのあとまたそれぞれをたたんで軽く水をしぼって、別のボウルに移します。
水を替えながら、4回しっかり染料液を洗い流すように

じゃぶじゃぶゆすり洗いします。

みょうばん焙煎は、染料液に10分、70℃まで熱くしながらまた10分
ひたしてからたたんで水をしぼり
みょうばん焙煎液にまたひたします。

ゆさゆさたぐりよせ、たぐりよせ。
そして、定着液が染料液に入ってしまわないように、

水で2回洗います。
それからまた染料液に入れて10分。
最後はまた水を4回替えながら洗います。

そしてたたんで水をしぼった布を、バスタオルではさんで
くるくると丸めて上からぎゅぎゅーっとおして水気を切ります。
それで陰干しすると出来上がり。
クチナシは天日干しすると色があせるというので部屋干しです。
なんだか、やっぱり色がやわらかくてやさしいです。
母は薄い黄色がポケットチーフとかストールとかにいいわ、とお気に入りです。

私はこれで、ひまわりを作りたい!
きっと試行錯誤しますが、がんばってみます!!


着物をといて洗う。

だいぶ前に、近くのリサイクル着物屋さんに行って
あれこれガサガサ探して買っていた着物とはぎれたち。

使うためには洗い張りしなくては!なのですが
本格的な洗い張りなんて、したことない…(汗)

先生とかに聞いたり調べたりしてみたのですが
自分のできる範囲で、と思うと、
「手洗いでやさしく揺するようにして、

バスタオルで脱水して陰干し」
というのが良さそう。
そこで昨日せっせと片袖だけ糸を解いておいた古布たちを

今日は洗面所に扇風機をもちこんで、

やさしーくやさしーく洗いました。
そして干す。干す?どうやって干すんだ??
うーん……、まっすぐに干さないといけないし、
そんなに広げられる場所もないし、むぐぐ…。
そうか、あれだ!
というわけで、スーツとかのパンツをつるす

省スペースハンガーみたいなのと
タオルとかを干す用の干し器(?)を出してきて、
跡がつかないようにドキドキしながらかけてみました。

ぴちょん…ぴちょん…
はっ!!水が垂れてる。脱水のタオルドライが甘かったのね。
そうね、確かに、途中から暑さに負けて

ちょっと早めに終えちゃったっけ。
でも洗濯機で脱水はこわくてできないし、
むぅ、仕方ない。ここは!

と、下にバスタオルを敷いてきました(^◇^)

扇風機にそよそよと乾かしてもらっています。
乾いたら、今度は…糊づけ?えぇぇ、ど、どうするんだろう。
また調べなくちゃ!!